畳替えに最適なのは雨の少ない冬場や梅雨時期前です

しっかり相談できる会社

部屋

姫路市でリフォーム会社を探すなら、まずはホームページを見るといいでしょう。そこに書かれている実績や画像を見ることで会社の特徴を掴めます。また、話し合いがしっかりできる対応のいい会社を選ぶこともポイントです。

もっと知ろう

まとめて行なうとお得

水道

水回りのリフォームは行なう時期が大切です。古くなりすぎた家でリフォームをしたら修繕費が多くかかる場合があるのです。また、水回りをまとめて行なうことで費用を抑えることもできるでしょう。

もっと知ろう

ベストなタイミング

和室

畳は日本で古くから使われているものです。新品の畳には独特なニオイがあり、それを嗅ぐと落ち着くという人も少なくありません。家やマンションを購入する際に、フローリングの一部を畳に変えてもらうという人もいるのです。日本人に親しまれている畳を長く使うためにはいくつかのコツが必要です。まず、畳には裏返しという作業が必要になります。この作業をすることで、上にしていた畳の面をひっくり返して今まで使われていなかった面を使うことになるのです。この裏返し作業は通常4年から5年たった頃に行ないます。しかし、畳が傷ついていないのであればもう少し長い感覚で裏返してもいいでしょう。そして、畳を使用して7年から8年頃に表替えをします。ここで再度表と裏を入れ替えるのです。そして10年以上使い続けている場合は畳替えが必要になります。この頃にはい草の色も綺麗な緑色から黄色や褐色へと変化していることでしょう。い草がこの黄色や褐色の状態になると、歩いたり座ったりしたときに洋服にくっつくことがあります。い草の痛みが酷くなっている証拠なのです。傷みが酷い場合やたわんでしまった場合は畳替えをしましょう。畳替えにはベストな時期があります。それが師走と呼ばれる12月頃になります。この時期はこうすいりょうが少なく天気のいい日が続きます。昔はこの時期にお寺で畳替えが行なわれていたようです。また、4月や5月の梅雨の入る前の季節も畳替えに最適といえるでしょう。細かい手順や方法は畳の専門業者にきくといいでしょう。一人で行なえない場合に業者が頼りになります。

光熱費の削減になる

断熱

暑さや寒さの調節がしにくい家というものがあります。そういった英は断熱性が弱いのです。断熱材を入れるリフォームを行なって快適な空間を手に入れましょう。そうすることでエアコンを使う機会も減るのです。

もっと知ろう